古美術 元禄

古美術 元禄について

終戦直後の復興期、初代が古道具屋の看板を上げたのが青森市中央町。人々が今日明日の食糧を求めて必死だったその頃、祖父も戦災を逃れたありとあらゆる古道具を売買して日々の糧を得ておりました。

その中で、一番の上得意さんだったのが、進駐軍の兵隊さんです。焼けずに残った骨董品は、エキゾチックなお土産として、兵隊さんの故郷へと旅立って行ったのです。

私がこの道へ入ろうと決意したのは大学生の頃ですが、先代からこういった戦後の様々なエピソードを聞いて、自らのルーツをそこに見出したからかも知れません。

さて、店を継ごうと思っても、すべての業者が一匹狼のこの世界。自分のフィールドは自分で作る必要があります。各方面のコレクターの方々に真贋を学びながら、津軽地域の旧家に買い取りのチラシを配る毎日が続きました。有難いことに、塩をまかれて門前払いといった事は無く、お茶を頂きながら、家宝の品々を拝見させて頂いたこともありました。若い頃に経験した人の温かさは、一生の財産だと思います。

何度となくお邪魔して、お客様に本当に信頼された時、お座敷の奥の奥、蔵の中まで通して頂ける日が来ます。江戸時代から門外不出だったものと出会える幸せ。これが一番の醍醐味です。

そんな骨董品との出会いの楽しさを、皆様と共有できたらと思い、ホームページを開設いたしました。
また、店舗にもぜひお運びいただき、時の流れるまま、ごゆっくりご覧ください。
お待ち申しあげております。

古美術元禄 三代目店主 福原英樹

会社案内

店舗名 古美術 元禄
運営会社 株式会社 北日本美術工芸
代表者 福原英樹
所在地 〒030-0801 青森市新町2-6-18
連絡先 017-722-3451
許可証番号 青森県公安委員会第201010026290号

アクセスマップ

ページトップへ